メンテナンスが不可欠!機械式時計の手入れ方法の紹介


機械式時計はメンテナンスしないと壊れやすい

機械式時計は一般的に、ムーブメントの性能や機能の高さや精度の良さが人気の秘訣だと言われています。

ただこれらの機能や精度は永久的に続くというわけではなく、数多くの動く金属部品は年月が経過するにつれて劣化したり破損してしまうという問題を抱えています。このため機械式時計を使い続けるためにはこれらの金属部品をはじめとした多くのパーツのメンテナンスが必要不可欠だと言われていて、時計メーカーも推奨しているのです。

メンテナンス前に知っておきたいこととは

機械式時計をメンテナンスしてもらう際には、まず購入時についていた取扱説明書を確認しておく必要があります。取扱説明書の中には保証とアフターサービスの項目が必ず設けられているので、そちらをチェックして保証機関やアフターサービスの期間を過ぎていないかどうか調べておかなければいけません。

ほかにも記載されていない場合はネットで確認することが可能なので、メンテナンスの期間やどのような状態でメンテナンスを受けるべきなのか、受けられる場所を確認しておくことがおすすめです。

自分たちでできるメンテナンス

基本的に機械式時計のメンテナンスは、購入した時計のブランドまたは時計専門のお店にお願いする必要があります。時計マニアであれば自分たちでメンテナンスをすることもあるのですが、そうでない人たちでもできるメンテナンスがいくつかあるのです。

例えば保管する時には専用ケースに入れておいたり、しばらく保管して利用しない時には1か月に1回は手間記して動かすことなどが知られています。

グランドセイコーとは、日本の腕時計メーカーのセイコーウォッチが所有している高級腕時計メーカーの一つです。初代モデルが1960年に誕生して以降、日本国内で部品生産から組み立てまでを行っています。