環境への配慮と景観の良さを演出!「屋上緑化」


殺風景なビルの屋上もたちまち憩いの場所へ

「屋上緑化」とは、建物の屋上に植物を植える事を指している言葉です。建物の屋上は、何もなければひどく殺風景なものですが、緑が溢れる空間にすることで景観が上がり、人が集まる憩いの場所に変化します。

「屋上緑化」には、植物が二酸化炭素を利用して酸素の生成を行うため「地球に優しい」「建物の温度調節」を行ってくれるなどのメリットがありますが、人間に与える影響としては植物によるリラックス効果を期待できます。

このように、見どころのある「屋上緑化」ですが、デパートなどの屋上にある一面が芝生に覆われているようなものばかりではありません。自宅に屋上がある家庭などで、ちょっとした菜園やガーデニングを行うことも「屋上緑化」の1つと言えます。

本格的な「屋上緑化」は大変!?

「屋上緑化」を本格的に行う場合には、いくつもの注意点を踏まえておく必要があります。

例えば、屋上の「許容積載荷重」についての条件を満たすことや、建物に植物が根を張ったりしないための対策を行う必要があります。さらには、植物のケアや排水の問題をクリアしなければ完全な「屋上緑化」を行うことはできません。

このように、「屋上緑化」には大変な面もあるということを忘れてはいけません。

植物と共存する暮らしを!

「屋上緑化」は、建物や人に良い効果を与えるものですが、それを行い維持していくには様々な条件をクリアする必要があります。

ただ、植物と共生していく試みは「屋上緑化」だけではないため、自分に合った植物との向き合い方を探していくことが大切です。

屋上緑化とは、建物の屋上を防水にした上で土を入れて植物を育てることです。景観をよくすることなどが目的です。