日頃のお手入れから特別なお手入れまで!機械式時計のお手入れ方法


日常のお手入れ方法とは?

繊細な精密機械である機械式時計は、日頃からきちんとお手入れをしておくことが大切です。きちんとお手入れをしていれば長く使うことができ、時間も正確な状態が保てます。

汚れが気になったときには乾いた布で優しく拭いて、汚れを落とします。汚れたままにしていると内部にホコリが入ってしまったり、なかなか汚れが落ちなくなってしまうので気が付いたときにはお手入れをすることが大事です。特に腕時計は肌に密着する部分も多いので、汗をかいたり皮脂が付いてしまったらその都度落とすこともポイントになります。防水機能のある腕時計を海やプールで使ったら真水で洗って、清潔にしておきます。自然乾燥させるか、乾いた布で拭いて完了です。

特別なお手入れ方法とは

機械式時計のケースの部分とベゼルの間の部分に爪楊枝を入れて、隙間に入っている汚れを優しく浮かせます。さらに毛先が細く、柔らかい歯ブラシを使って汚れを掻き出していきます。傷がつかないように、力を入れずに作業するのがコツです。クロスやセーム革で軽く拭いて、綿棒で細かな部分を掃除します。

化学反応が起こってしまうことがあるのでベンジンやシンナー、アルコールなどは使わないようにすることも重要です。またマグネットのついた工具などを使うと時間が狂ってしまうケースもあるので、使用はやめておきます。汚れが気になるからと内部まで分解したり、いじったりするのはダメです。精密機械なので下手にいじると壊れてしまう可能性があります。

1875年誕生のオーデマピゲは、スイスの高級時計ブランドです。人気のシリーズのひとつロイヤル オークは、文字盤に四角い模様が並んだギヨシェ彫りのタペストリーが施されているのが伝統のデザインです。