ペットを購入するなら?ペットショップとブリーダーの違い!


様々な種類から選ぶならペットショップ

ペットを購入する場合はペットショップとブリーダーのどちらかが主になります。

ペットショップでは犬や猫、うさぎなどの哺乳類から、店舗によってはトカゲなどの爬虫類など様々な種類を展示している所があります。たくさんの種類のペットがいるので、ゆっくり見ながらお気に入りのペットを探すことができます。

もしペットショップでペットを購入した場合、ベッドやケージ、フードなど飼育するのに必要なものをそのまま揃えることも可能です。また営業時間内であれば好きな時間に見に行けるのも利点の一つです。

特定の種類に力を入れているのはブリーダー

ブリーダーでは特定の種類に尽力して繁殖している場合が多いです。その為、より詳しい話を聞くことができたり、飼うための注意事項やアドバイスを教えてもらうことができます。また見学に行くと、ペットがどのような環境で育っているのか実際に自分の目で確かめられるのも安心です。

ブリーダーでは飼う前のお試し期間としてトライアル制度を実施しているところもあります。気に入ったペットを期限付きで預かって暮らすことができるので、「本当に飼育できるのか」や「先に飼っていたペットとの相性はどうか」などの心配を解消することができます。一緒に暮らしていく最初の一歩としてこの制度を利用してみるのも良いですね。

ペットとの相性が合うか確認を

ペットとは長い間一緒に暮らしていくことになるので、自分の生活や性格に合う子を選ぶことがとても大事です。ペットによって散歩が大好きな子、大人しい子など様々な子がいます。ペットショップやブリーダーではペットの性格や好き嫌いなどを教えてもらうことができるので、飼う前に確認しましょう。

ブリーダーから直接子猫販売してもらうと業者などの中間手数料などが発生しないため、安く購入することが可能です。